看護師の夜勤(裏マニュアル)

2交替制の夜勤はこんな感じ

2交替制の夜勤はこんな感じ


2交替制夜勤について。
私は看護大学を卒業後、医科大学附属病院の心臓血管外科で一年間勤務しました。その後結婚を機に退職し、子育てをしながら専業主婦をしています。現在は夫と息子の三人暮らしです。

勤めているのはどんな病院?

医科大学附属病院で、高度医療が受けられる専門性の高い病院です。

月の夜勤回数は?

四回から五回です。

夜勤手当はどのくらい?

一回の夜勤で一万円です。

シフトはどんな感じ?

夜勤は一週間に一度のペースでシフトが組まれていました。二交替制の病棟だったので夜勤の時間が長い分、夜勤明けの翌日は二連休というシフトが多かったです。

夜勤は何人体制?

二チームに分かれていたのですが、夜勤は各チーム二人ずつで合計四人です。

夜勤はどんな業務がある?

まず、勤務開始前に担当患者さんの情報収集と日勤看護師からの申し送りを受けます。次に点滴や内服薬のチェック、準備をおこなったあと、担当患者さんの巡回をしていきます。夕食の時間になると配膳や食事介助をします。そのあとは就寝まで、点滴のチェックや交換、トイレ介助、口腔ケアをしていきます。就寝後も病棟に異常はないか、患者さんに急変はないか確認するために数時間おきに巡回します。朝になり起床の時間を迎えたら、担当患者さんへの巡回と朝食の配膳、食事介助をおこないます。予定された仕事内容が全て終わったら日勤看護師に申し送りをして勤務終了です。勤務中に適宜看護記録をつけるのは、日勤と変わりません。

仮眠や食事は?

二交替制なので勤務中に二回の食事があります。夕食は病棟の消灯後21時に四人で集まって食べました。朝食は朝の巡回前の6時に四人で集まって食べました。ナースコール対応や担当患者さんの処置などがある場合は各自で臨機応変に食事の時間をずらしていました。仮眠は二人ずつに分けて前半と後半でそれぞれ約三時間の仮眠時間がありました。各チームで一人ずつは残るようにして、担当患者さんの対応ができるようにしていました。

夜勤の良いところって?

夜勤は基本的に患者さんが就寝しているので、日勤のような慌ただしさはなく静かで落ち着いた雰囲気で勤務ができるメリットがあります。

夜勤は辛いよ

夜の戦場

夜勤の実情